保湿スキンケアが重要

大人ニキビを予防するには、日頃から乾燥を防ぐための保湿を意識する事が大切です。大人ニキビの対策としてありがちな間違いが、洗顔しすぎて肌を乾燥させてしまい、ニキビを悪化させてしまう事です。思春期のニキビは皮脂が原因なので、洗顔をしっかりして皮膚を清潔にすることで改善に繋がりましたが、そもそも大人のニキビは過剰な皮脂によるものではなく、乾燥やストレスが原因なので、洗顔のし過ぎは余計肌にダメージを与えてしまうのです。

ニキビ予防には保湿ケアを心がけましょう。メイク落としや洗顔は洗浄力の高い洗顔料やオイルクレンジングを使うのではなく、低刺激のものを使い、ぬるま湯で丁寧に汚れやメイクを落としていきます。擦るとニキビに摩擦による刺激を与えてしまうため、優しく洗い流しましょう。

保湿も同様に、低刺激の化粧水や乳液を使い、肌にできるだけ刺激を与えないようにします。ニキビのできやすい肌は、刺激にも弱いため、保湿用品を選ぶときは低刺激のものを第一条件にするのがおすすめです。乾燥を防ぐのは大切ですが、過剰な皮脂を与えると、今度はそれがまたニキビの原因になるため、スキンケアにはノンオイル、または植物性オイルを使用した商品を選ぶといいでしょう。

ニキビ予防の生活習慣

生活習慣の乱れは、大人ニキビができやすくなってしまう一因です。思春期のニキビと比べて大人ニキビは体内からの影響を受けやすいため、ニキビを防ぐためには、スキンケアのほかにも生活習慣を改善する事から始めましょう。

まず最も大切なのは、食生活を整える事です。ニキビに効く栄養素を多く含んだ食品を取ると、肌の状態も改善されます。特にニキビに効果的なのはビタミンCと言われています。ビタミンCは肌のターンオーバーを促してくれる効果がたくさんふくまれているため、ビタミンCを多く含むイチゴやレモン、ブロッコリーなどの野菜を積極的に取り入れましょう。

また、睡眠をしっかりとることも非常に重要です。大人ニキビはストレスによるホルモンバランスの乱れが原因になる事が多く、睡眠によるストレス解消効果はニキビの改善に役立ちます。また、寝ている間には成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンが、肌の活性化を促し、正しい肌のターンオーバーを取り戻します。正しい周期で肌のターンオーバーが行われることで、ニキビのできやすい肌から正常な肌に生まれ変わることができるのです。ニキビになりにくい肌を作るため、肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から2時の間はできるだけ睡眠をとるように心がけましょう。

部位別のニキビの原因

大人ニキビの原因は場所によって違うため、自分のニキビがどんな原因でできているかを知る事が、大人ニキビの改善と、再発しないためには大切です。

大人ニキビで特にできやすいのが顎や唇にできるニキビです。これらのニキビができる原因は、まず肌の汚れによるものです。メイクが落としきれていなかったり、食べた後の口の周りの汚れなどが肌に雑菌の繁殖を引き起こしてしまったりして、ニキビの原因になります。また、頬や唇のニキビは、ホルモンバランスの乱れも原因になります。主にストレスから発症する事が多く、規則正しい睡眠や食生活を心がける事によって改善します。

頬や顔の周りのニキビも、大人にできやすいニキビの1つです。この部分にできるニキビは、乾燥が原因であることが多いです。肌が乾燥すると、皮膚が肌を潤そうとして過剰に皮脂を分泌させます。しかし乾燥した肌は毛穴が小さくなっていることが多く、皮脂が毛穴に詰まってニキビになりやすいのです。そのため、徹底的に保湿をし、肌を乾燥させない事が何よりの対策になります。

体にできるニキビも大人ニキビの一種です。背中のニキビは乾燥が原因の場合である事が多いですが、それ以外の部位はホルモンバランスの乱れが原因である場合が多いです。このように、大人ニキビの原因の大半は、乾燥とホルモンバランスの乱れが関係してきます。

スキンケアの大切さ

思春期をとうに過ぎた大人なのに、突然ニキビができてしまう。そんな大人ニキビに悩まされていませんか。大人ニキビができてしまうと、なかなか治りにくくて厄介なものです。しかも、大人のニキビは、10代のニキビとは根本的に原因も治療法も違います。同じニキビのつもりで間違ったスキンケアをしてしまうと、大人ニキビを余計悪化させてしまう可能性もあるのです。

実は、大人のニキビは治りにくく、しかも再発しやすいのが特徴です。そのため、しっかり治すためには自分のニキビの原因を知る事が大切です。10代のニキビはTゾーンと言われる額と鼻にかけての部分にできやすいのですが、大人のニキビはUゾーンと呼ばれる頬から顎にかけてのラインにできやすいのが特徴です。しかも、できる場所によってニキビの原因が異なります。たとえば頭皮の生え際のラインにあるニキビは、シャンプーや整髪料の荒い残しが原因だったり、頭皮が蒸れて細菌が繁殖したりする事が原因です。しかし、顎にできるニキビは精神的なストレスをはじめとした内面的な要因でホルモンバランスが乱れることが原因です。同じニキビでも、対処法が全く違うため、スキンケアには注意が必要なのです。

大人のニキビは、原因を知って、それに合った対策やスキンケアをすれば治療が可能です。また、治りにくく長引きやすい大人ニキビを最初から作らないためにも、規則正しい生活が大切です。大人ニキビを作らないための生活習慣や、大人ニキビの原因、できてしまった時の対策についてご紹介します。