ニキビ予防の生活習慣

生活習慣の乱れは、大人ニキビができやすくなってしまう一因です。思春期のニキビと比べて大人ニキビは体内からの影響を受けやすいため、ニキビを防ぐためには、スキンケアのほかにも生活習慣を改善する事から始めましょう。

まず最も大切なのは、食生活を整える事です。ニキビに効く栄養素を多く含んだ食品を取ると、肌の状態も改善されます。特にニキビに効果的なのはビタミンCと言われています。ビタミンCは肌のターンオーバーを促してくれる効果がたくさんふくまれているため、ビタミンCを多く含むイチゴやレモン、ブロッコリーなどの野菜を積極的に取り入れましょう。

また、睡眠をしっかりとることも非常に重要です。大人ニキビはストレスによるホルモンバランスの乱れが原因になる事が多く、睡眠によるストレス解消効果はニキビの改善に役立ちます。また、寝ている間には成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンが、肌の活性化を促し、正しい肌のターンオーバーを取り戻します。正しい周期で肌のターンオーバーが行われることで、ニキビのできやすい肌から正常な肌に生まれ変わることができるのです。ニキビになりにくい肌を作るため、肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から2時の間はできるだけ睡眠をとるように心がけましょう。