保湿スキンケアが重要

大人ニキビを予防するには、日頃から乾燥を防ぐための保湿を意識する事が大切です。大人ニキビの対策としてありがちな間違いが、洗顔しすぎて肌を乾燥させてしまい、ニキビを悪化させてしまう事です。思春期のニキビは皮脂が原因なので、洗顔をしっかりして皮膚を清潔にすることで改善に繋がりましたが、そもそも大人のニキビは過剰な皮脂によるものではなく、乾燥やストレスが原因なので、洗顔のし過ぎは余計肌にダメージを与えてしまうのです。

ニキビ予防には保湿ケアを心がけましょう。メイク落としや洗顔は洗浄力の高い洗顔料やオイルクレンジングを使うのではなく、低刺激のものを使い、ぬるま湯で丁寧に汚れやメイクを落としていきます。擦るとニキビに摩擦による刺激を与えてしまうため、優しく洗い流しましょう。

保湿も同様に、低刺激の化粧水や乳液を使い、肌にできるだけ刺激を与えないようにします。ニキビのできやすい肌は、刺激にも弱いため、保湿用品を選ぶときは低刺激のものを第一条件にするのがおすすめです。乾燥を防ぐのは大切ですが、過剰な皮脂を与えると、今度はそれがまたニキビの原因になるため、スキンケアにはノンオイル、または植物性オイルを使用した商品を選ぶといいでしょう。