スキンケアの大切さ

思春期をとうに過ぎた大人なのに、突然ニキビができてしまう。そんな大人ニキビに悩まされていませんか。大人ニキビができてしまうと、なかなか治りにくくて厄介なものです。しかも、大人のニキビは、10代のニキビとは根本的に原因も治療法も違います。同じニキビのつもりで間違ったスキンケアをしてしまうと、大人ニキビを余計悪化させてしまう可能性もあるのです。

実は、大人のニキビは治りにくく、しかも再発しやすいのが特徴です。そのため、しっかり治すためには自分のニキビの原因を知る事が大切です。10代のニキビはTゾーンと言われる額と鼻にかけての部分にできやすいのですが、大人のニキビはUゾーンと呼ばれる頬から顎にかけてのラインにできやすいのが特徴です。しかも、できる場所によってニキビの原因が異なります。たとえば頭皮の生え際のラインにあるニキビは、シャンプーや整髪料の荒い残しが原因だったり、頭皮が蒸れて細菌が繁殖したりする事が原因です。しかし、顎にできるニキビは精神的なストレスをはじめとした内面的な要因でホルモンバランスが乱れることが原因です。同じニキビでも、対処法が全く違うため、スキンケアには注意が必要なのです。

大人のニキビは、原因を知って、それに合った対策やスキンケアをすれば治療が可能です。また、治りにくく長引きやすい大人ニキビを最初から作らないためにも、規則正しい生活が大切です。大人ニキビを作らないための生活習慣や、大人ニキビの原因、できてしまった時の対策についてご紹介します。